Blog

金でもいろいろ・・・

オリジナルのカッティングシートを使った、お誕生日パーティの会場ディスプレイのご依頼。真っ赤なバラのアレンジメントと共に・・ガラスの壁面にメッセージを添えます。サイズもご希望通りに・・今回は70cm幅ぐらい!

様々なフォントからデザインが決まったら、カッティングシート選び・・

金→金消し→金ヘアライン→金マット→シャンパンゴールド・・
ゴールドにもいろいろありまして、どれにするかで印象が変わります。

 

さてさて、空間や主役の方のイメージにぴったりなのはどのシートでしょうか?
お喜びいただけると幸いです♡

ヴィンテージ雑貨と花が好き

庭の花を飾る幸せ♡

猫の額ほどの小さな庭でガーデニングを楽しむ生活を、かれこれ20年ほど続けています。その昔・・洋書(洋雑誌?)の付録から見つけた海外のお店にFaxで注文をして日本には無い花のタネを取り寄せたりしたこともありました。

イングリッシュガーデンが大流行りする前に洋書を真似てデザインしてみたり・・インスタ映えで有名な青い花「ネモフィラ」もかなり昔にハマりました・・

今思えば、いつも時代を先取りしてたかも???

今は便利な時代で、スマホを覗けば瞬時に世界中と繋がることができて
InstagramやPinterestで素敵なお花や庭の写真もたくさん見つけられるので少しの空き時間でも、その世界に入り込めてワクワクできます。

それでもやっぱり・・・
目の前の小さな庭の小さな花たちに一番心が癒されますね〜♪
50年前ぐらいのヴィンテージ雑貨にも心惹かれます。

土に触れ、風を感じ、鳥の声を聴きながら過ごす庭時間が至福の時・・・
古き良きモノたちとのんびりゆったり過ごす時間が、早すぎる時代の流れとのバランスをとってくれてる気がします。

アンティークボトルとアンティークのピッチャーに庭のパンジーを生けてみました。

未来の宇宙飛行士さんへ

リフォーム案件の子ども部屋ディスプレイ!

太陽系の惑星と、光る星を散りばめた夢が広がるデザインです。ご依頼主が希望されるイメージ画像を元に予算内で再現する形をとりました。色々と条件が異なりますので、全く同じにはなりませんが、近いイメージに仕上げられたかな?

 

ブラックモーニング

黒をテーマカラーに・・・

ヴィンテージのカップ&ソーサーと型押しガラスのアンダープレートをコーディネート。モダンな中にもエレガントな雰囲気を入れるのが好き・・・

パンジーは庭から調達!テーブルクロスと同一色相配色になるようにしました。

Alfred Meakin c/s.trio ¥3,200

花のある暮らし

小さな小さな庭がアイデアの源〜♪
緑に囲まれた立地で、季節の花々を愛でながら・・さまざまなデザインを生み出しています。

土いじりは脳にとって良い刺激となるようで、リラックス&リフレッシュ効果もあるので、デザイナー的には恵まれた環境かもしれません(田舎ではありますが・・・)

庭いじり歴は長くかれこれ20数年になります。イングリッシュガーデンから始まり、ハーブ栽培、今は薔薇・・特にオールドローズにハマっています。

そんなこんなで、花と緑を取り入れたディスプレイが得意分野となりました。

 

イースターの装飾デザイン

 

年が明けて間もないですが、早くも春の装飾プランニングがスタートしています。
おかげさまで数カ所の商業施設様やアパレル関連企業様からのご依頼をいただき、頭の中はパステルカラーのタマゴと可愛いうさぎちゃんが跳ね回っている状態です。

このような店舗や施設のシーズンディスプレイ、ちょっと空いた場所があるからキレイに飾って〜!
というような、ご依頼だけでは実はなかなか良いデザインは完成いたしません。
Alberoでは、装飾そのものにもデザインにも必ず意味があり、常にマーケティング目線を忘れず企業のブランドイメージやトレンド等とのバランスと共に構成していくものと考え携わらせていただいております。

「トーン・アンド・マナー」という業界用語があるのですが「世界観」や「雰囲気」という方が伝わるかと思います。その場でなんとなく感じる「雰囲気」ってすごく大切で、企業イメージやブランドのイメージとバランスが取れていてしっくりきていないと、どことなく違和感を感じて居心地が悪かったりします。

高級路線なのか?大衆ウケ狙いなのか?どっちなのか??クラスに統一感がなく、いろいろミックスしてしまって何が伝えたいのか分かりかねるデザインに仕上がっていて残念な光景をよく目にすることがあります。
これなら、何も飾らない方が良かったのに・・と思うこともあります。

例えば、原因が予算の問題やコスト削減のせいだとしても、もう少し配置の仕方や素材を工夫すればこんなに安っぽく見えないで済むのに・・・と、感じる高級路線のはずの施設様(ホテル関係に多いです)
お偉い方の趣味?で置かれた、時代錯誤な飾り・・・
きっと高額であったに違いないがその場のサイズに合わない装飾などなど・・

せっかく予算を割いて制作して「ただ置いてある飾り」になってしまっては勿体無いですよね!

誰の為に、どんな目的で、なぜ今飾るのか?
飾る「意味」を今一度きっちり整理して、販売促進やイメージアップに繋がる効果的なディスプレイとなるように・・・

クラス感は統一した上で、季節感やイベント性、デザイン等で変化を持たせつつ、一貫した世界観や雰囲気を伝えていくことが大切ですね!

Trick or Treat

ジャックの顔は手描きが好き〜♪

顔を描いたモノも有るのですが、自分で顔を描きたい派。

いろんな顔が出来て楽しいのです。「おぉ〜イケメンやん!」とか、独り言を言いながら描くのが好き。。

シーズンデコレーションプランの流れは…ザクッと

先ず現場を見に行って撮影、そこで何がしかの閃きを得る、オフィスに戻り…カタログを何冊も広げて(最近はwebカタログも利用) PC上で閃きを整理…サイズ感や素材感、色に全体のバランスに…アレコレ悩みながらプランニング、企画書に仕上げてプレゼン…納品(現場で施工)、自画自賛(終)

今年も、いろんな顔のジャックオランタンの納品が続きます。

ヴィンテージ感の演出

 

カリフォルニアディズニーのカーズの街。ヴィンテージ感が素敵な空間だったなぁ〜〜♪

 

この感じに演出したい!と漠然とイメージしながら、プランを進めている案件があります。

 

今あるモノを活かしながら…ほんの少しのエッセンスを加えていくことで、印象が際立ちその空間の世界観が整い、魅力的な「気」を発する…

 

さりげないけど、ピリッとした空間演出は絶妙なバランスが重要!

素材や色・レイアウトや全体のバランス…色々とこだわりはありますが、感覚だけに頼らず客観的に理論で整理することも大切なポイントです。

星に願いを


七夕ディスプレイ

ペーパークラフトでラッキースターを制作、短冊のカラーも厳選してトータルバランスで空間のイメージを調整します。

やはり、色のバランスは最重要!色味の違いだけではなくトーンも考えて、素材感や季節感などとバランスの良い色をチョイスしています。

色彩理論を熟知したデザイナーならではの視点で、空間コーディネートを考えています。